生まれながらに持っている欲望は、ぼくたちの無意識の中にある。それらはどんな役割を果たしてるんだろう。

Sponsored Link

これまで「プラスの考えから生まれる欲望」と「マイナスの考えから生まれる欲望について考えてきた。

まだ読んで無い方は、こちらの記事で!

人生は欲望のコントロール力で決まる1(プラスの欲望)

人生は欲望のコントロール力で決まる2(マイナスの欲望)

 

生き物が生まれながらに持っている欲望

これらに加えて、もう一つ忘れてはいけないのが「生き物が生まれながらに持っている欲望」。

これは文字通りの意味で、人間だけでなく生き物みんなに備わる本能のことを指す。

 

広辞苑では、

本能とは、生まれつき持っていると考えられる行動の様式や能力。特に動物が外界の変化に対して行う、生得的でその種に特有な反応形式。

と記されているけど、ぼくは「生き物が生きるのに必要な欲望」と考えてる。

 

具体的には、食欲、睡眠欲、性欲のこと。

食欲、睡眠欲は生きるのに必ず必要だし、性欲は生き物が子孫を残す、つまり生き物が存続するために必要だから。

そして、この欲望はどんな生き物でも欠かせないので、生きる上で常について回ってきて、一番コントロールが難しい

それについては、誰もが自分の経験から分かるはず。

だからダイエットで悩む人がたくさんいるし、十分に睡眠を取らないと一日過ごせない人も多い。また、性病の問題も無くなることは無い。

Sponsored Link

社会のビジネスに見る欲望

そして、これらの欲望はすべて大きなマーケットを持ったビジネスに発展してる

レストランやカフェから、ベッドに枕、避妊用具やセルフプレジャーのグッズまでたくさんの商品があって数え始めたらきりが無い。

ここから分かる通り、人の欲望はすべてビジネスに応用することができる。

そのマーケットが広かろうが狭かろうが、必ずビジネスになる。

 

そして、ビジネスのマーケットが広いということは同時に、

生き物が生まれつき持っている欲望は絶対に欠かせないものだということを証明してる。

 

また、そもそも生きること自体にも欲望がある

自分が快適さを感じるコンフォートゾーンから一歩外に出れば、何が起こるか分からないから不安に襲われるし、ケガをしたり、怒られたりして痛い目にあうかもしれない。

そんな命にかかわるような目には遭いたくないから、ぼくたちは初期の脳の判断によって安全な道を歩くようになってる。

 

欲望による人生

ちょっと考えてみると、ぼくたちの人生は無意識の中にある欲望によってコントロールされていることが分かる。

じゃあ、人生で欲望が避けられないなら、ぼくたちはずっと欲望に振り回されながら生きて、死んでいくんだろうか。

 

ぼくはそうは思わない。

それは、人間には他の生き物には無いものを持ってるから。

つづきは、欲望コントロールの回で。