マレーシアの大学に通うに当たって気になるのが生活費。大学のホームページなどで大学費用がどのくらいになるのか分かったとしても、生活費はなかなか分かりません。

そこで、今回は、ぼくの経験に基づいた、クアラルンプールでの生活費を紹介します。

Sponsored Link

何を生活費として考えるのか

生活費を計算するときに、まずは何を生活費とみなすのか考える必要があります。
今回、ぼくが生活費として計算するのはこちらです。

  • コンドミニアム代
  • 光熱費
  • 水道費
  • Wifi費用
  • 食費
  • 移動費

これらを網羅していたら、生活に困ることはないと思います。

何か他にも生活に必要というものがあったらご連絡ください。

 

1ヶ月でどのくらいの費用?

それでは、実際に計算してみます。(RM1=30円として計算します)

 

コンドミニアムの費用

まずは、コンドミニアムの費用ですが、1ユニットを借りようとすると、6万円ほどと結構な額になります。

 

実は、マレーシアのコンドミニアムやアパートは日本の1LDKのような一人部屋というものがありません…!

ですので、必然的に家族4人が住むような部屋を借りることになり、6万円と高額になるのです。

 

しかし、これは、マレーシアの学生にとっては冗談じゃありません。そんな大金は払っていられませんよね。

よって、マレーシアの学生は、基本的にみんなシェアハウスになります。

そうすることで、一ヶ月のコンドミニアム代は2万円弱です。

 

もっと安くしたければ、シェアルームをするか、古めのコンドミニアムにすれば、1万円くらいにできます。

 

光熱費と水道費

次に光熱費と水道費ですが、
ぼくの場合は一定の使用量までコンドミニアム代に含まれています。

水は安いので、たくさん使ってもあまり問題ありません。

もちろん、エアコンやアイロン、ドライヤーなど、たくさんの電気を使うものを長い間使っていると、電気代を多めに払わなくてはなりませんので注意が必要です。

 

Wifi費用

Wifi費用は契約する通信速度によって値段が変わりますが、

マレーシアの「Time」というWifiサービスを使えば、100Mbpsで月額4500円くらいです。

なお、他に2つのプランがあり、300Mbpsで5700円、500Mbpsで9000円ほどになります。

これらの値段をハウスメイトと割っていますので、一人1000円くらいですね。

 

食費

食費は、個人によって変わります。

ずっと外食する場合を考えてみると、ママッ料理や中華料理などをローカルのレストランで食べるのであれば、一度の食事で240円くらいです。

これを一日に3回かつ30日で、240円×3回×30日=21,600円で済みます。

ちなみに、ぼくの場合は1日2食で、自炊と外食を織り交ぜていますので、一ヶ月を1万円ほどで済ませられています。

 

移動費

最後に移動費についてですが、移動費は完全に個人によって変わります。

駅の近くに住んでいれば、歩いて駅まで行けるのでタクシー代が浮きますね。また、KLの中心地に行くために電車の使用回数が多ければそれだけ費用が高くなります。

 

ぼくの場合はどうかというと、駅と今住んでいるところまでの往復にタクシー代が480円ほどかかっています。これは結構痛いので、そろそろ引っ越す予定です。

また、駅から中心地までは電車の学割50%のおかげで50円くらいです。普通なら100円ほどになります。

 

一ヶ月にかかっている生活費はズバリ…!

これまで説明した費用をすべて足すと、ズバリ!

 

31,000円+移動費です。

 

日本なら家賃だけでこれ以上の値段になりますので、日本に住むよりは断然安く済ませられています。

 

個人次第で生活費は変わる

ぼくの一ヶ月必要な生活費について紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?

 

ぼくは3万円ほどでしたが、

 

もちろん、日本食のような少し高めのレストランに行ったり、

マレーシア旅行に行ったりすれば、それ以上のお金が必要です。

 

少しお金がかかるといっても、せっかくマレーシアにいるチャンス。

やっぱり、いろいろなところに行く方が好きな方は、ちょっとくらい贅沢してもいいですね。