マレーシアへの大学留学。大学名はAsia Pacific University of Technology and Innovation(APU)。

僕はこれに向けて2016年6月頃から行動し始めた。

それはもうくたくたになるほど忙しかったんだけど、留学した今、その時を振り返って考えると動いて良かったな、と思う。

今回は留学に向けて一番やって良かったことを紹介します。

Sponsored Link

アメリカ大学留学の現実

もともと「アメリカに大学留学したい!」って思ってたんだけど、

アメリカの大学に留学するのに必要な費用は年間200万円以上!

 

「いやっ、めちゃくちゃ高いじゃん!どうやってこんなにお金貯めんの!?」

 

当時は会社で働いてたけど、

大学一年分のお金を貯めるのに一年以上もの時間がかかるということで、絶望。

 

アメリカへの留学は、もう正直言ってボンボン、

そもそも家庭にそれなりのお金がある家に生まれた人ができる「贅沢」なんだと思い知った。

 

はっきり言って自分の努力でどうにかしてできるレベルじゃない。

 

IQがすごく高くてTOEFLでスコア120満点取れたり、数学オリンピックで賞をもらったりするような超頭のいい人たっだら、留学をサポートしてくれるような人がこぞって現れると思うんだけど、

僕はそんなに頭は良くないし、英語の勉強だけで四苦八苦してたくらい。

 

 

そんな現実を突きつけられてから、

なんだか自分は一体何がしたいのか、よく分からなくなった。

 

「今までアメリカ留学のためにお金を貯めてた自分は何だったんだろう」って。

 

必死こいてた心の部分にポッカリと穴が開いた感じ。

 

自分とじっくり向き合う

だから、

一旦自分とじっくりと向き合う時間を作ろうと思って、

2016年の初めのころに、今まで英語の勉強や留学の下調べなどの理由でできなかったことをやってみた。

 

筋トレやストレッチをしたり、朝にジョギングをしたり、

本屋でビジネス本を読み漁ってみたり、IT関係の本を読んでみたり、

今まで読んでなかった漫画を読んでみたり、

普段買ってなかったお菓子やヨーグルトを買ってみたり、

映画を観たり…

 

とにかくやりたかったことを

心を解放

してどんどんやってみた。

 

それこそ、この赤ちゃんみたいに。

 

そうしたら、

今まで見えてなかった自分の心の中が見えてきた。

 

その時気づいたのは、僕の傾向として物事の仕組みに興味があること。

 

例えば、

自動車だったら大抵の人は自動車が動いたら、「すげー!」で終わると思うんだけど、

 

僕の場合、自動車が動いたら「すげー!」と同時に

「どうしたらこんな鉄の塊が動くんだろう?自分でも作ってみたい!」

ってなる。

 

仕事をしてても

「どうしたらもっと効率的に作業ができるだろう?」

「どうしたらもっと改善できるだろう?」

とか考えてばっかりだった。

 

そして、解決策があったらそれを実行するのが、すごく楽しかった。

 

それに気づいてから、

2013年に観た一つのインド映画「きっと、うまくいく(3 Idiots)」の主人公がめちゃくちゃカッコよく見えたのを思い出した。

 

心の底から「こうなりたい!!」ってワクワクが温泉のように湧き出てくる感じ。

 

そして、

最終的に「やっぱり大学に留学しよう!」って思えたんだ。

 

ワクワクをエネルギーに

そこからは、もうアメリカ以外の国をいろいろと調べて、マレーシアという国に決めて、

マレーシア留学準備がどんなに大変でも、毎日睡眠時間が4時間とかしかなくても動くことができた。

 

もし、やりたいことが、なんだかよく分からない人は、

何でも今まで自分がやりたいと思っていたけど、様々な理由でできなかったことをやってみるといい。

 

そうすると、変な言い方だけど、本当の自分がだんだんと見えてくる。

それさえ見つかれば、あとは行動するだけだ。