【感想】進撃の巨人オーケストラコンサートに行って震えた…!

えんが話

どうも、ゆうむです!

このたび、2021/8/22(日)に開催された進撃の巨人オーケストラコンサートに行って参りました!ところどころの演出にすごく感動して、震えました…!

進撃の巨人オーケストラに初参加

進撃の巨人はもともと大好きな作品だったんですが、オーケストラやライブには全然参加したことがなくて、今回、初めてそんなイベントに参加することができました!

というのも、そもそもこれまで住んでた場所は、マレーシアや鹿児島だったのでイベントがあっても首都圏で行われるものには参加しずらかったんですよね…!

オーケストラの会場はさすがにコロナ渦と言うこともあって、収容人数の半分までしか入れませんでしたが、それでもぎっしりとファンの人たちが席を埋めていました。といってもしっかり換気がされていて、座席も1つずつ空いていたので安心して鑑賞することができました。

ちなみに、周りを見た感じでは観客の6,7割以上は女性でした。男子の方が多いのかな?と思っていたので、結構ビックリ。自由の翼のロゴや巨人の顔がプリントされたシャツを着ている人もいて、こちらも密かにテンション上がりました!

全身が震える演奏と映像に没入

座席に座って今か今かと待ち続けていてようやく6時になった頃、オーケストラがスタートしました!

最初に流れたのは音楽ではなく、進撃の巨人の1番最初のシーンの映像でした。アニメを見た人誰もが衝撃を受けて引き込まれたに違いない、エレンのお母さんが無残にも巨人に食われてしまうところです。

そのシーンの後、すぐに進撃の巨人の代表的な音楽であるATTACK ON TITANの演奏が大迫力で始まりました!ほんっっっとうに、この迫力っていったら言い表しようがなかったです…!

オーケストラの演奏そのすべての音が全身に響き渡ってまるで音が自分の心臓を叩いているかのような、それに共鳴して心の振動も高まっていきました!

しかも、それが演奏だけじゃないんです!その演奏と関連のあるこれまでのアニメのシーンが次々とスクリーンに映し出されていって、当時アニメを見た時の高揚感も一緒によみがえってきました!

これは会場の観客みんなが同じような没入感に浸されたんじゃないかと思います。

オーケストラの演奏で自分の心も震えましたが、それは会場にいた人ひとりひとりに伝染していって、最終的には会場全体が大きく作品を作り上げていくかのように振動していたように思います。

いやー、生演奏のオーケストラしかもそれが自分の大好きな作品となるとここまで感動して心も体も喜んでるような感覚に陥るんだなと実感しました。

毎回演奏が終わるたびに拍手が巻き起こって、会場の人と自分が一体化しているような同じファンの人たちと一緒に演奏を見ることができてすごく楽しいなと思えました!

印象に残った演奏

演奏は大きく3回に分けられていて、最初が進撃の巨人第1期から3期までで、2回目がFinal Seasonに関連した音楽でした。そして最後に、2曲、Final Seasonとそれ以前に関連した曲が1曲ずつ演奏されました。

もちろんどの演奏も素晴らしかったのですが、特にぼくの印象に残った曲は、

Apple Seed(ベルトルトの曲)とK2(ケニーの曲)、Before Lights Out(エルヴィンの曲)、そしてAshes On the Fire(Final Seasonのメインテーマ)です!

これらの曲が全部オーケストラでしかも映像付きで演奏されるんですよ!

これで興奮しないファンの方は絶対いないです!チケット買って本当によかった…!

あと個人的に好きな曲に、YouSeeBIGGIRLTTとE.M.Aがあるんですが、残念ながら今回は演奏されませんでした。また機会があったら、ぜひ生演奏を聴いてみたいです!

イベントのゲスト3名が登場

また、オーケストラの会場には、進撃の巨人のメインキャラクターの3人であるエレン、ミカサ、アルミン役の梶裕貴さん、石川由衣さん、井上麻里奈さんがゲストとして登場しました!

正直なところ、ゲストの登場はいつになるんだろうと少しそわそわしながら演奏を聴いていました。笑

そして実際に登場されると、体がめちゃくちゃ前のめりますね! 笑

会場の自分の席が2階だったので、少しでも本人たちの姿をはっきり見ようと、自分の席で前のめりになっていました。前の席の人が後ろ振り向いたらびっくりしてしまったかもしれません。笑

3人とも生で見たことがなかったので、すごく嬉しかったです。

でも実は梶裕貴さんは、ヒロアカの新映画の後のライブ中継でもお目にかかったので、今月2度も梶裕貴さんを見ることができたんですが。いやあ、贅沢だなあ。

3人でそれぞれ進撃の巨人の演奏に関して感動した箇所についてコメントしてくださったり、演奏されていた澤野弘之さんとKOHTA YAMAMOTOさんもう一緒に加わって話をされていました。

梶裕貴さんはすごく進行に慣れている様子で、とてもすらすらと自分の感想を話したり、周りの方々に感想を聞いたりされていました。

井上麻里奈さんも慣れている様子でしたが、石川由衣さんは少し緊張した様子で可愛らしかったです。

少し意外だったのが、澤野弘之さんが結構ジョークを話して場を盛り上げるような方だったことです。制作されている曲が結構カッコいいものが多いので、勝手にすごく寡黙な方なんじゃないかなと思っていました。

これはとても良い衝撃でした。逆にKOHTAさんは落ち着いている大人な(?)方でした。

声優さん達のセリフのサプライズ

そんな5人の話の終盤で、澤野さんから3人の声優の方々になにかセリフを話してよ、と言う提案が上がりました!

これには会場のみなさん総出で拍手大喝采でした。それとは逆に3人の方々は突然の提案でびっくりした様子。時間もない中でどうしようと言う雰囲気でしたが、「じゃあ梶さんが締めくくってよ」と井上さんからの言葉に、梶さんが何かセリフを言うことになりました!やった!

「じゃあ何を言いましょうか?」と梶さんが澤野さんに聞くと、

「駆逐してやる…!」

「そんなに強く引っ張ったら服が破けちゃうだろうが!!」

のまさかの二択になりました。笑

ここで観客のみなさんにどちらが良いか梶さんが聞くと、前者にはあまり拍手が無く、後者にものすごい量の拍手がされました。やっぱりみなさん普段あまり聞かないセリフが欲しかったみたいです。ちなみにぼくも後者でした!笑

そして、少し緊迫した空気の中、梶さんが演技されました。

「お、おい、そんなに強く引っ張ったら、服が破けちゃうだろうが!!」

これには会場も大喜びでそれまでにないくらいの拍手が浴びせられました。

そして、「さすがに残りの2人も何かやらないとねぇ」と梶さんからの言葉で2人は慌ててセリフを頭の中で探すことになりましたが、お2人とも演じてくれました!

井上さんは、アルミンの感動する言葉を言ってくれました。

「ねえエレン、一緒に海を見よう」

これには梶さんも「泣いちゃう」としみじみ。会場からも大きな拍手が挙がりました!

そして最後に、ミカサ役の石川さんはというと…

「オーケしゅto…」

緊張のあまりか噛んでしまいました…!

これには梶さんが優しく「大丈夫、何度でも聞くよ」と支え、会場でも応援の大拍手が!自分も拍手しながらなんだか微笑ましくなりました。

そして、気を取り直して、

「オーケストラコンサートに来てくれて…ありがとう…」

とミカサの声で感謝の言葉を述べてくださいました!…最高!

セリフは100%正しいか記憶が曖昧ですが、とにかく生で聞けて感激しました。こういうサプライズ最高ですね!

締めくくりは恒例の号令で

全演奏が終わった締めくくりに、梶さんの「心臓を捧げよ!」の掛け声の後にみんなでポーズをして全プログラムが終了しました。

初めて自分の大好きなアニメのコンサートに参加しましたが、こんな最高のイベントに参加できてよかったです!チケットが取れるかギリギリだったんですが、粘って取ることができたので本当によかったなと。

まだ続くアニメのFinal Season Part2は、2022年1月に放送開始、とコンサートで案内がありました!

いよいよクライマックスも近づいてきて終わって欲しくない気持ちもありますが、それ以上に楽しみに待ちたいと思います!

心臓を捧げよ!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました