// アドセンス自動広告

マレーシアのAPUの語学学校入学前の英語力テストのレベルは高い?

2018/5/15マレーシアの語学学校:APLC(APU附属)

マレーシアのAPU付属の語学学校であるAPLCでは、入学する前に英語力を図るテストがあります。

そのテストはいったいどのくらいのレベルなのでしょうか?

APLCの入学テストのレベルは高い?

ぼくがAPUに入学するときには、恥ずかしながら、TOEFL iBTで学部に入るために必要なスコアを取ることができていませんでした。

よって、APLCに入学して十分な英語力を付けた後にAPUで学び始めるというコースになりました。

 

APLCに入るときには、Placement test(プレイスメントテスト)という、個人の英語力に応じて適切なレベルに振り分けるための英語力テストがあります。

では、このテストはどのくらいのレベルなのかというと、実際にテストを受けたぼくの感想では、英検準一級レベルという印象でした。

 

海外の大学で学ぶためには当然のレベルではありますが、日本の高校を卒業してそのままマレーシアの大学に行くとなると、しっかり英語が理解できていないと難しいレベルです。

 

どんな問題が出題されるの?

今では問題が変更されているかもしれませんが、ぼくが受けたときのテストの出題形式を紹介します。

 

リーディングとライティング

リーディングとライティングは、APIITという古いキャンパスで行われました。

今は、変わっていると思います。

 

APUの日本人担当の方に、テスト用紙を渡され、50分以内に解くように言われました。

 

出題された問題は、文法の穴埋め問題、700文字程度の長文読解一つ、自分の意見を述べるタイプの作文一つだったと思います。

文法問題は、しっかりと英文の構造が分かっていれば十分に解けます。

長文読解は、あまり見ない単語もありますが、日常生活についての馴染みやすい文章でした。

作文は、ある意見について賛成か反対か決め、その理由を述べるという典型的なタイプです。

 

リスニングとスピーキング

リスニングとスピーキングは、リーディングとライティングテストの後、別の日にAPLCで行われました。

その際、テストを担当する先生は、リーディングとライティングのテストを持っているので、少し緊張します。

 

リスニングとスピーキングは、10分もかからないくらいで終わります。

ぼくのときは、先生が英語で質問してくるのに対し、英語で答えるというものでした。

 

この形式は今でも変わっていないのではないかと思います。

 

どのレベルに入るのか言われるタイミング

APLCのどのレベルのクラスに入るのかは、リスニングとスピーキングテストが終わった後すぐです。

テストが終わると同時に、先生が生徒に適したレベルを言ってくれます。

 

英検準一級を取得している人なら、おそらくLevel4か5に入れるんじゃないかと思います。

ぼくの場合は、Level4か5でした。

 

大学に入れるのはLevel5を修了した後なので、少し難しいかもしれないと言われながらもLevel5を選びました。

最初はビビっていましたが、実際に学んでみると、そこまで難しくはありませんでした。

もし、ぼくと同じように言われた場合は、Level5を選んでいいと思います。

 

さいごに

APLCで英語力テストを受ける方は、自分の力を確かめるためのテストなので、気を張りつめず、リラックスして臨んでみてくださいね。

参考

マレーシアのAPU附属語学学校の中間・最終テストは難しい?内容は?

 

◯InstagramとTwitterでも気ままにマレーシアな日常を発信しています。良かったらフォローお願いします。
▷Instagram: yumun216
▷Twitter: @yumun216

▽クリックでより多くのマレーシア留学したい高校生にブログが届きます。いつも応援ありがとうございます!