【読書メモ】バビロンの大富豪「繁栄と富と幸福」はいかにして築かれるのか

読書メモ

古代都市バビロンの繁栄がどのようにしてもたらされたのか、その知恵がまとめられている。

100年ほど前に書かれていながら、現代でも読み続けられているベストセラー。資産運用を考える上での心構えとして読んでおきたい。

─「財布の中身がいつも空」という病は、我慢するより治すほうがやさしい。

富をもたらす黄金の「七つの知恵」

第一の知恵:財布を太らせることから始めよう

収入の70%で生活し、20%で借金を返済し、10%を自分のために取っておく。

第二の知恵:自分の欲求と必要経費とを混同するべからず

100%使う価値があるものにお金を使い、無駄遣いをしない。

第三の知恵:貯めた資金は寝かさずに増やすべし

財産とは、定期的に入ってくるお金の流れのこと。財布の中にある現金のことではない。
貯めたお金は全て運用に回す。

第四の知恵:損失という災難から貴重な財産を死守すべし

健全な投資の原則は、必ず元本を確保すること。

第五の知恵:自分の住まいを持つことは、有益な投資と心得よ

家を一度買ってしまえば、あとは定期的にローンを返済すれば、家という財産を自分のものにできる。残りは税金を払うだけ。

自分の住まいがあれば、生活コストが下がり、収入を自分の好きなことに使える。結果的に収入が増える。

第六の知恵:将来の保障を確実にすべく、今から資金準備に取りかかるべし

老後資金を準備し、自分が死んでも家族が快適に生活できるように備えておく。

第七の知恵:明確な目的に向かって、自己の能力と技量を高め、よく学び、自尊心を持って行動すべし

強く、明確な望みを持つ。望まなければ、何も達成することはない。
自分の能力を上げる。仕事のスキルを上げる。勉強して深く考えられるようにする。

「幸運の女神」が微笑む人間とは

チャンスを拒まない人には、いつでもチャンスが来る。
幸運はチャンスを摑むことで呼び込める。
幸運を呼び込むためには、与えられたチャンスを活かすことが必要。

女神が最も喜ぶのは「行動する人間」
行動こそが、成功へと導いてくれるもの。

自ら稼いだ資金の運用は、こうして決める

財産を守り、その恩恵を受けながら収入を得るためには、保守的になるべし。

財産はすでに成功していると認められているような人の手に渡せば、その人の元で豊富な収益を生み、知恵や経験によって安全に守られる。

より慎重に選択すれば、後に後悔することがない。

「強固な城壁」は、人びとを恐怖や不安から守ってくれる

私たちの生活を守ってくれるのは、保険・貯蓄・信頼できる投資。
安心なくして、人間は生きられない。

その他

決意あるところ、道は開ける。
幸福とは、「労働の喜び」を知ること。

コメント

タイトルとURLをコピーしました