タスク管理の上手い方法はタスクを抱えすぎないことそのものだ

2018/2/23仕事で活かせるトーク

こんばんは。今日全体を振り返ってみると、なんだかずっと忙しかったなあという印象だった。

なんでかというとやっぱり、タスクを抱えすぎてるからだと思う。

タスクの抱え込みで起こること

今は大学にいるから、勉強はもちろんやらないといけない。

でもやってることがそれだけじゃなくて、かなりマルチに行き渡ってるから、「あれもやって、これもやって」と、かなり忙しい。一見、はたから見ると忙しくは見えないかもしれないけど、頭の中はずっと何かしてる状態。

具体的には、テストの勉強、旅行の計画、学生ビザ手続き、友達に勉強を教える、などなど。これ以外にもパッと思いつくので4つ以上のタスクを今日は動かしてた。

これってかなり、てんやわんやでヤバい状態だなと、自分で改めて見直してみても思う。笑

 

そして、これらのタスクの抱え込みで思ったのが、負担。それも精神的にも肉体的にも

精神的には、そもそも休む暇もなく慌ただしいのだから想像しやすいと思う。これやって、次これやって、あれやってという状態だ。一つ一つは小さな負担でも、それが積み重なればやがてドッとした疲れになって襲ってくる。

もちろん、肉体的にも負担は大きい。あっちこっちへ動き回っていたので、歩く距離や動く頻度によって疲労は蓄積されていく。

 

こうした疲労は、一日の終わりに差し掛かるにつれて、顕著に表れてくる。正直、今日の夜には音で例えるなら「グデーン」とした状態だった。

 

タスクは少なくして集中

そんな一日を終えて、「やっぱりこんな状態ではいかん!」と思った。確かに達成感はあるんだけど、それでも、こうした負担は心理的に重くのしかかって来る。正直、長くは続かないし、健康にも悪い。

だから、真っ先にやるべきことは、タスクを減らすこと。それこそが最高にして最良のタスク管理だと思う。

現代人の癖なんだろうけど、どうしてもタスクを抱えすぎてしまう。でも、そうしてもいいことは無い。

もちろん、たくさんのことに手を回している内にさばくスピードが上がってきたり慣れたりするだろう。でも、多くに取り組み過ぎると「広く浅く」でそれぞれの進捗が思うようにいかなくなる。

 

やっぱり「狭く深く」があらゆるものの道を広げる一番の近道。

地面を掘って掘って掘り進めた先には、広大な地下水がどこまでも続いているように。

 

また、同じことが起こらないように、自分のタスクを見直して、やるべきこととそうでないことをしっかり見定めようっと!

▽気ままにマレーシアを発信中!フォローしてみる↓
・Instagram: yumun216
・Twitter: @yumun216

▽応援したい人はポチッ!