// アドセンス自動広告

ワクワクで幸せに生きるための実践的方法!最期まで幸せでいるには?

2018/1/12生き方トーク

こんにちは!

今日のマレーシアは早朝からとても涼しくて過ごしやすい。たぶん23℃くらいなんじゃないかな。それに曇ってるからリラックスするのにとてもいい。ということで、少しストレッチをしてた。

足をグーっと伸ばしてたら、ふと、自分がワクワクして楽しいことで幸せを感じながら生きるために一番大切なことを思いついた。

正直、これができれば人生最期の時まで最高になること間違いなしだ。

自分のワクワクを見つける

自分がワクワクしながら幸せに生きるためにはもちろん、

「ワクワクすること」「心が揺れ動いて仕方がないもの」を見つけることが大切。

そのためには日常から自分の感情を見てみる。「うわっ楽しい!嬉しい!」「これだっ!」って自分が自然な時に感じるポジティブな感情が答えを知ってる。

だから毎日、自分のその時々の感情を客観的に見ることを習慣にする。

 

もし、まだワクワクするものが見つからない場合は、もっとたくさんのことをやってみて自分の経験の幅を広くしよう。ポイントは、今までやってみたいと思っていたけど時間やお金が無いなどの理由でやらずじまいなことをやってみる。

そうしたら絶対「うわっ、これ楽しい!」って思えることに出会えるはず。

 

「最期まで幸せ」が絶対いい

自分のワクワクするものが見つかったら、それだけでもものすごいことだから、自信を持っていい。

多くの人はワクワクするものにアンテナを張っていなくてワクワクすることが見つからなかったり、時間が無いとかの理由でワクワクに時間を割いていなかったりする。

これって実は人生レベルでものすごい損をしてる。

 

僕たちは自分が幸せになるために生きてる。

どうせ最後にこの世界から去ることになるんだったら、いっつも自分の境遇や他人のことに愚痴ばっかり言って不幸を嘆きながら去っていった方がいいんだろうか。

 

僕は全くそう思わない。どうせ、いつか自分が世界からいなくなるなら、思いっきり幸せになって去っていけばいいじゃないか。

自分が幸せになるためには、2つの方法がある。

それは、ワクワクを感じながら生きていくこと、そして他の人を幸せにすることだ。

 

じゃあ、この幸せになるための2つのことを同時並行でできたとしたら、どうだろう?

その先には、最高に幸せな世界が広がってる。毎日が楽しくて仕方がないという生活が待ってる。

そうやって生きてたら、最期にはありったけの笑顔で去っていける。

 

ワクワクを他の人のニーズに結びつける

そのためにはどんな方法を取ればいいのか。

答えはとても単純で、自分のワクワクと他の人のニーズをマッチングさせればいい。

 

例えば、自分がロボットを作るのがすごく好きで、毎日でもロボットの設計を考えていたり、触っていたりしたらワクワクが止まらないとする。そして、他の人は掃除があまり好きではないから誰かやってくれないかと思ってる。でも高いお金は払えないとする。

そしたら、ロボット好きな自分がお掃除ロボットを作ってその人に提供してあげればいい。それだけで自分も相手も幸せになれる。

 

他にも、自分が歌作りが好きでずっと歌っていたいとする。それと同時に若者に自信や勇気を湧かせてあげることも好きだったとする。一方で、若者の中には世間に対して臆病になっていたり、人前で話すのに勇気が出なかったりする人がいる。

そしたら、若者の自信が溢れてくるような歌を作って提供してあげればいい

 

ワクワクが天職に

こうして自分のワクワクと他人の欲しいものをマッチングすれば、お金が生まれる。

つまり、自分のワクワクで生きていくことができる。そしたら、夜寝るのも惜しくなるかもしれない。

僕も今は自分のワクワクを他の人のニーズとマッチングさせるように、いろいろ行動してるとこ。最終的には、夜も寝たくない状態になりたい。

この考えをもっと多くの人が実践していったら、きっと今よりもずっと素敵な世界になるんだろうなあ。

◯InstagramとTwitterでも気ままにマレーシアな日常を発信しています。良かったらフォローお願いします。
▷Instagram: yumun216
▷Twitter: @yumun216

▽クリックでより多くのマレーシア留学したい高校生にブログが届きます。いつも応援ありがとうございます!