// アドセンス自動広告

英語で勉強するには親和性が必要だと思う

2018/2/22英語の勉強トーク

今、ちょうど大学の期末テストの時期で、テスト勉強で結構忙しい。特に大変なのが、やっぱり英語という言語だ。

言葉の説明問題がやっかい

英語の勉強よりも英語で勉強する方がやっぱり難しい。

どうしてかっていうと、英語を勉強するときは、英文の意味だったり、文法が正しいかどうかだったりといった問題を解くことに集中する。

でも英語で勉強するとなると全くレベルが違う。英語で理解できるのは、当たり前。至極当然のことだけど。

だから、大学の授業で出てくる新しい英語の言葉が出てくると、それを覚えるだけでも一苦労。だって、一つの言葉がすごく長い英語で説明されているから。

英語の勉強をしていたときの自分だったら英語の単語の説明を長ったらしい英語で理解するのは絶対に避けていただろうな。笑

これに対して、計算問題だったら、覚えるものが公式くらいだから特に問題ないんだけど…

 

英語には親和性が必要なんじゃないだろうか

そんな風に英語と向き合っていると、やっぱり自分の英語に対する理解力の浅さが露呈してくる。もう、今まで十分な英語に触れていなかったのが丸わかり。

でも同時に思うことがある。それは「英語には親和性が必要なんじゃないか」ということ。つまり、人と言語が引き寄せ合うような力だ。

 

英語が母国語の人にとっては、そんなもの必要ないだろうけど、第二言語として学ぶ人にとっては、言語との相性ってあるんじゃないかと思う。

まだまだ英語について考えると、ちょっと抵抗感が出てきてしまう自分がいるから。

英語が心から好きで、いつも英語を聞いていたいと思えるほどの人だったらそんなことないんだろうな。すごく羨ましい。

この親和性をどうやったら手に入れられるのかは、また考えておこうっと。

◯InstagramとTwitterでも気ままにマレーシアな日常を発信しています。良かったらフォローお願いします。
▷Instagram: yumun216
▷Twitter: @yumun216

▽クリックでより多くのマレーシア留学したい高校生にブログが届きます。いつも応援ありがとうございます!