今後の社会で必要なスキルの変化に付いていくにはどうすればいいだろう

2018/2/27えんが話(てつがく的な)

スラマッパタン!

今日は、少し今後の社会について思うことがあった。

今後、ますます社会へのITの普及とグローバル化が進めば、必然的に子供たちの授業には、プログラミングと英語が組み込まれてくることになる。

それは、まさに、ぼくら世代が30、40代となって社会の基盤を担っているとき、プログラミングと英語を当たり前に操る世代が社会に進出してくることになる。

 

プログラミングも英語も社会で活用している人なら問題なく対応できると思うけど、そうでない人たちの方が多い。

そのとき、ぼくたちは新たな社会の活力に対して、一体どんな役割を担えばいいんだろう。

 

それはやっぱり、先に社会に出た者として培った経験によるリーダーシップ、管理能力、社会での対応の仕方などに絞られてくる。

だから、日ごろから意識的にこうしたスキルを磨いておくことは、必須事項なんだろうな。ぼくも、もっともっと磨きたい。

▽気ままにマレーシアを発信中!フォローしてみる↓
・Instagram: yumun216
・Twitter: @yumun216

▽応援したい人はポチッ!