マレーシア留学で気になるスマホの通信速度はどれくらい?

2018/11/4マレーシアでスマホ・WiFi

マレーシアでのスマホの通信速度は早いのでしょうか。

マレーシアに留学してスマホを確保したとしても、通信速度はどれぐらいなんだろうって気になりますよね。

結構遅かったら嫌だし不便でイライラしてしまいます。実際のところどうなんでしょうか。

今回は、実際にマレーシアに留学して体験したマレーシアの通信速度についてご紹介します。

クアラルンプール内ならサクサク繋がる4G

ぼくの経験上、大体クアラルンプール内ではインターネットはよく繋がります。

特に中心街であるブキッ・ビンタンだとほとんど問題ありません。問題があったとしてもカフェやレストランに行けば無料のWi-Fiがあるので安心です。

 

この時通信がしっかりできることを指標として使えるのが、スマホお馴染みのアンテナ表示です。スマホの左上に表示されているアンテナに4Gと表示されていて、アンテナの本数がは4つであれば高速通信ができます。

しかし、このアンテナの本数が3本や2本になるとサクサク使えなくなってきます。感覚的には3本でもちょっと遅いです。

もちろん表示が4Gではなくて3Gであれば、ウェブページが更新されないレベルの通信速度です。これは、本当にもう見れないので、3GであればWiFiを使うことをオススメします。

中心街以外はまあまあの接続

中心街から離れると、だんだん繋がりが悪くなってきます。

たくさんレストランやショッピングモールがある場所であれば問題はあまりありませんが、住宅地や裏道に行くとほぼ繋がらないです。

こんなときは、友達とスマホが繋がってるか確認し合って繋がっているスマホからGrabを呼んだりすることもあります(笑)。

もしかしたらぼくのスマホの通信が悪い原因はMcallsを使っているからかもしれません。通信会社によって通信がよくできるエリアが違うので、この点には注意しておきたいですね。

雨が降ると繋がりが悪くなる

また、マレーシアではスコールという雨が突然降ることがよくあり、雨が降ると通信状態が悪くなります。

この原因はよくわかりませんが、ぼくの経験上いつも雨が降るときにはアンテナの数が減り、ページの読み込みが遅くなりました。

まあ、スコールは1、2時間で止むのであまり気にする必要はありません。

人が多いと繋がりが悪くなる

いくら中心街であっても、人がめちゃくちゃ多い場合は通信環境が悪くなります。

特に2017年の大晦日にツインタワーを見に行った時は、周りを見渡すたびに人、ヒト、ひと!!人ばっかりでした。

そんな時にスマホで地図を見ようとしても全然見れません。通信環境が4Gでアンテナが4本であったにも関わらずです。

この時はさすがに諦めて、人に道を教えてもらうしかありませんでした。これはこれで、ある意味いい経験になりました(笑)。

マレーシア留学でスマホ携帯の通信連絡手段を確保する方法【保存版】

さいごに

マレーシア首都であるクアラルンプールでは、通信速度はあまり悪くありません。

そして、これからもどんどん改善されていくことと思います。なので心配することなくマレーシアに来てくださいね。

▽気ままにマレーシアを発信中!フォローしてみる↓
・Instagram: yumun216
・Twitter: @yumun216

▽応援したい人はポチッ!