// アドセンス自動広告

恋愛の上下関係は破綻するからダメだ。ずっと続く理想的な関係は真逆

2018/2/25生き方トーク

スラマッパタン!

日常生活を過ごしていて、たまに、ふっと考えこんでしまうのが恋愛。今回は、その恋愛に上下関係があったら破綻すると思う、ということについて書いてみる。

ちょくちょく表れる好意が持てる人

正直、恋愛ってあんまり経験ない。

でも、いろんな人と会っている間に、「この女性のこういうとこ好きだな」と好感が持てるポイントが多いと、もっと知ってみたいと思うことが多々ある。

たいていの人の場合は、自分と違う特徴を持っている異性を好きになると思う。

ぼくの場合を振り返ってみると、まさにその通りで、特に「何この人、面白い!」と思えるような、大衆と違う性格や特徴を持っている人に対してものすごく好感を持ちやすい。

たぶんそれは、自分がつまらないから…かな?笑

というよりも、なんでそんな行動を取るのかとか、どうしてそんな突拍子もない考え方になるのか、っていうところに惹かれてる。

だからどうなんだってことだけど、そんな自分が好意を持っている相手との距離を縮めたいと思うときにやってはいけないんじゃないかってことがある。

それが、相手との間に上下関係が生まれてしまうこと。

 

恋愛の上下関係は破綻を招く

簡単に言えば、ぼくの好きな人が年下だったときに、年齢という物理的な上下関係があったとしても、そこに精神的な上下関係を作ってしまうことが良くない。

厄介なのが、ぼくの性格では、相手が悩みを持っていたら、なんとか助けてあげたいと思ってしまう癖がある。だから、相手が将来や人間関係について悩んでいたら、それについてたくさん話を聞くし、アドバイスをしたりもする。

この際アドバイスが適切なのかどうかはおいといて、ともかく相手に何か助言をしてしまう。で、こうしてしまうことによって、相手との間に「悩みを聞く先輩」と「悩みを相談する後輩」という構図ができあがる。

 

つまりは上下関係に陥ってしまう。

 

そうして自然と生まれてしまった上の人と下の人という関係は恋愛に発展しにくい。

なぜなら、そこに一方通行のコミュニケーションが成り立つから。分かりやすい例であれば、教師と生徒のような関係。

これって結構ぼくの陥りやすいパターンなんじゃないかと、今更ながら気づいた。

 

ずっと続く恋愛関係は双方のコミュニケーションから

当たり前だけど、一方通行のコミュニケーションだと徐々に苦しくなってくる。

それは、下の人が本音を持って話せないからでもあるし、上の人がだんだん自分の言いたい放題わがままになってしまうからでもある。

日本の離婚率が高いのって、もしかしてこの双方のコミュニケーションが成立してないからなのかも…?

 

じゃあ、どんな関係が良いんだろう?それはやっぱり、自分が自然のままに本音で話せる人が一番。どちらもストレスなく生活できるから最高だ。

今後は、そんな関係を目指して、上下関係にならないように、もっと話題の振り方に注意してみようと思う。

 

とはいっても、実際にやってみると難しそうだなぁ。ううむ。

◯InstagramとTwitterでも気ままにマレーシアな日常を発信しています。良かったらフォローお願いします。
▷Instagram: yumun216
▷Twitter: @yumun216

▽クリックでより多くのマレーシア留学したい高校生にブログが届きます。いつも応援ありがとうございます!