マレーシアのATMでの現金の引き出し方3つ!カードが簡単、安心

2018/11/13マレーシアのお金事情

マレーシアの語学・大学留学時に使える、ATMを使った現金の引出し方法です。

マレーシア留学で心配なことの1つが、どうやってお金を引き出すかですよね。海外ということもあり、どんな風にお金を管理すればいいのかパッとは分かりにくいです。だからといって、生活に必ず必要なのでないがしろにはできません。

そこで、今回は、マレーシアでお金を引出す方法をご紹介します。

マレーシアなどの海外で使える支払い方法

マレーシアに来る時に現金100万円をカバンに忍ばせて持ってくる…なんてことはできませんよね。そんなことをしたら空港で止められます。じゃあ、どうすればいいのでしょうか。

ぼくが使っている方法がデビットカードとクレジットカードです。また、国際キャッシュカードというものもあります。

国際キャッシュカード

国際キャッシュカードは、海外のATMでお金を引き出すのに使えます。デビットカードのように利用すると即座に日本にある口座からお金が引き出されます。

でも口座から直接お金を引き出すとなると、銀行口座に50万円入っていたら「たくさんお金があるから大丈夫」と思って知らないうちにかなりお金を使ってしまいそうという不安もあります。

そこでおススメなのが「プリペイド型」のカードです。こちらは事前に使う分だけお金をチャージしておいて、海外で引き出すことができるので使いすぎる心配が無くなりますよ。NEOMONEYは13歳以上なら誰でも作れますし、最短3営業日でカード発送してくれるので便利です。

国際キャッシュカードなら、留学者の保護者が海外送金する必要がなく、高い手数料を払うこともありません。さらに、収入審査がない(か厳しくない)ため、未成年でもカードを簡単に作れるのが嬉しいですね

デビットカード

デビットカードは、買い物をした時に即座に自分の銀行口座からお金が支払われるサービスです。なので、現金と同じ感覚で使うことができます。ぼくが日本にいる間は頻繁に使っていました。

クレジットカードのように毎月の支払いを考えることなく使えるので、使いすぎて翌日の支払いにヒヤッとするということが無くなります。

クレジットカード

クレジットカードは、買い物をしたら、まずクレジットカード会社が代わりに支払います。そして、月末などの決められた日にその月の利用金額を支払います

自分の銀行口座に十分なお金が無かったとしても使えますし分割しての支払いもできるので、いざ大きな買い物をするときには重宝します。しかし、あれよあれよと買い物しているとあっという間に大変な請求金額になってしまうので、使い過ぎには気をつけましょう!

マレーシアの銀行口座から現金を引き出す

デビットカードとクレジットカードは、さきほど説明した通り、買い物で使えますが、国際キャッシュカードのように海外のATMから現金を引き出すこともできます。

もちろんマレーシアでもリンギットを引き出すのに使えますよ。特にママックレストランなど、まだカード払いに対応していないところもあるので、現金は持っておきたいです。

海外ATMに対応しているかチェック

カードを使う上で1つ確認したいのが、それぞれのカードが海外のATMでの現金引出しに対応しているかどうかす。対応していないと海外で現金が引き出せません。

VISAであれば「PLUS」、JCBであれば「Cirrus」とカード上に表記があるものならOKです。詳しいことは、各カード会社の公式サイトなどで確認してみてくださいね。

引出しはある程度まとまった額がオススメ

また、マレーシアの銀行ATMから現金を引き出すときには、毎回日本の銀行で決められた手数料がかかります。なので、1ヶ月分の家賃や食費、移動費など、ある程度まとまった金額を1回で引き出すのがいいです。

しかし、あまり多く引き出しても盗まれる可能性を考えたら怖いので、ほどほどの金額にしておきましょう。

また、手数料がかからなくても一定のレートがプラスされて結果的に高額な手数料を支払っているということもあります。そんなときは一度、マレーシアの銀行Maybankなどの口座に安い手数料で送金してから送る方法もおススメです。

さいごに

マレーシア生活を送るのに欠かせないお金はデビット・クレジットカードで引き出しましょう。今やカードがあれば海外ででも現地の通貨が引き出せるので、本当に便利ですね。

おススメ記事:マレーシア大学留学方法!エージェントを使わないで自分で準備できる

SNSもフォローしてね!
Instagram
YouTube版「えんがわトーク」
Twitter

ブログランキングにも参加しています。