夏の知らせを感じる瞬間

えんが話

夏の訪れは、気温が高くなることからも感じるけど、それ以上のものがある。

これは、そんな瞬間を過ごしたとき思ったこと。

夏の音楽隊

先週くらいから、とうとう虫が鳴き始めた。

虫の鳴き声っていいよなあ、ってつくづく思う。

コオロギや鈴虫、セミたちがみんな、自然の音楽隊。

 

ゲームの話になってしまうけど、

モンハンでも夜のクエストになると、ハンターとおともアイルーの声や足音に加えて、虫の鳴き声が再現されてた。

中でも渓流のステージで蛍(雷光虫?)の群れが、ふわっと綺麗に空中に広がるのを見て、何度もモンハンの世界に入り込みたいと思った。

 

虫の音の中でも、蜩(ひぐらし)のカナカナカナっていう美しくも儚い鳴き声が一番好き。

夕暮れ時に鳴くから、すごく切なく感じるけど、なんだか落ち着くのは不思議。

 

芝生の上に寝っ転がって、虫の音に包まれながら眠りにつけたら最高だろうなあ。

おススメ記事:マレーシア大学留学方法!エージェントを使わないで自分で準備できる

SNSもフォローしてね!
Instagram
YouTube版「えんがわトーク」
Twitter

ブログランキングにも参加しています。

えんが話

Posted by yumu