マレーシアの英語力は低い?アジアで英語を学ぶなら最適な環境はココ!

2018/1/26マレーシアで留学生活

スラマッパギ!みなさんこんにちは。

マレーシアで英語を習得したいと思ったときにどうしても気になるのが、マレーシアの英語力だと思います。英語を学んでも、自分の思うように使えないようなレベルだったら困りますよね。

今回は、マレーシアの語学留学や大学留学を考えている方のそんな悩みを一気に吹き飛ばします。

マレーシアの英語力はズバリ…!

突然ですが、みなさんはマレーシアの英語力はどのくらいだと思いますか?僕みたいに、マレーシアについてもともとそんなに詳しくない人だったら想像もつかないかもしれません。

実は…マレーシアの英語力はアジアで第2位の実力を誇っています(参考:http://www.efjapan.co.jp/epi/regions/asia/malaysia/)。ちなみに第1位はお隣の国、シンガポールです。

 

正直、このデータに驚いた方もいるのではないでしょうか?ではどうしてここまで高い英語力を誇っているのでしょうか?

それは、マレーシアでの生活環境に大きく関係しています。マレーシアは多民族国家で、主にマレー系、中国系、インド系の3種族が住んでいます。国の第1言語はマレー語ですが、実はそれぞれの種族でマレー語、中国語、タミル語といった、異なる言語を扱いますので、種族間で話をするときに言語の違いが生じ、会話ができません。

そこで活躍するのが、英語なのです。

レストランに行って注文したり、インターネットを見たり、学校や会社でいろいろな人と話をしたりする時には、英語を使います。もちろん、種族内ではそれぞれの言葉を使いますが、それだけではマレーシアで生活できないという環境があるのです。

一方で、日本は単一民族ですから、レストランもインターネットも学校や会社も、すべて日本語で済ませられます。こうした環境にいると日本語力は高まっても外国語である英語力は高めることが難しくなってしまいます。

 

本格的な英語は第1言語圏で

「マレーシアの英語力はアジアで第2位」と知って「やっぱり英語力はアメリカやイギリスの方が高いじゃん」と思われた方もいるかもしれません。

もちろん、アジアで第2位だからといって英語力がずば抜けているかというとそうではありません。あくまで、第2言語としての英語力がアジアで高いレベルにあるというだけなのです。

本格的かつ高度で純粋な英語を学びたいという意欲がある方は、第2言語として英語レベルが高いマレーシアではなく、第1言語として常に英語を使う環境であるアメリカやイギリス、オーストラリアなどに行くべきです。

 

正直な話、マレーシアではアメリカ英語のような英語力はつかないと断言していいでしょう。

これは、いくら外国の語学学校で日本語を学んでも、日本で学ぶ以上の日本語力はつけられないと容易に想像できることからも同じことがいえます。

言語習得に一番適した環境は、やっぱりその言語に一番精通した国だということです。

 

英語はあくまでコミュニケーションツール

マレーシアでは、高度な英語は学べませんが、十分に世界へと通用する英語力をつけることができます。それは英語を使う環境があるからです。それに、たとえ高いレベルの英語が話せなくても、しっかりと相手に自分の考えや意見を伝えることができればいいのです。

日本人でも日本語を幅広い表現で流暢に話せる人もいれば、あまり日本語を話すのが得意ではないという人もいます。

英語は単なるコミュニケーションツールです。自分の考えを伝えるための道具です。

自転車の運転が空中で一回転できるようなアスリート並みに上手くなくても、ペダルをこいで転ぶことなく前に進めればいいのです。

日本人は、「英語を話して」と言われると尻込みしてしまい、まだまだ英語や外国語に対する心の壁が高すぎると思います。

まずは、もっと多くの日本人に、この心の壁を無くしてもらいたいです。そして、第2言語としての英語力が高いマレーシアは、英語初心者に優しいため、日本人が英語を学ぶのに最適の環境です。

将来、アメリカやイギリスのような英語第1言語圏に行って学ぶ前にマレーシアでコミュニケーションツールとしての英語力を身に付けるのも一つの選択肢として考えてみてもいいと思います。

 

▽気ままにマレーシアを発信中!フォローしてみる↓
・Instagram: yumun216
・Twitter: @yumun216

▽応援したい人はポチッ!