// アドセンス自動広告

マレーシアは英語圏のアジア代表と言える理由をデータを元に解説します

マレーシアで生活

マレーシアは英語レベルの高い国ですが、どのくらい高いのでしょうか。

マレーシアは英語圏なのかどうか気になりますよね。最近、マレーシアへの海外語学留学も増えてきていて、実際どのくらい英語が使われているのかも気になります。

そこで今回は、マレーシアの英語力がどのくらいなのかと日常で使われている英語のレベル感についてご紹介します。

マレーシアは英語圏のアジア代表

結論からいうと、マレーシアはアジア代表レベルの英語力があります。じゃあどのくらいのレベルなのか、実際にデータを使って説明します。

マレーシアの英語力

2018年現在のマレーシアの英語レベルはアジア21ヶ国中3位、世界88ヶ国中22位です。なお、アジア内1位はシンガポール、2位はフィリピンという結果になっています。

これらのデータは”EF”という英語能力を測るテスト結果によるものです。調査は、中高生、大学生、専門学校生を対象に行われています。

参考:https://www.efjapan.co.jp/epi/regions/asia/malaysia/

他にもマレーシアの英語能力指数(EPI)は、59.32で高いレベルに位置づけられています。

男女別データでは、男性が60.09(世界平均52.63)で女性が58.71(世界平均54.57)と男性の方が少し高くなっています。

世界的に女性の方が英語を学ぶ意欲が高いイメージがあるため、これは意外なデータでした。

日本の英語力

一方で日本のレベルは、アジア21ヶ国中11位、世界88ヶ国中49位です。平気員EPIは51.80で、男性が49.90(世界平均52.63)、女性が54.11(世界平均54.57)となっています。

参考:https://www.efjapan.co.jp/epi/regions/asia/japan/

やっぱり日本では女性の方が英語力が高いという結果ですね。

みんな英語を使う環境にいる。

どうしてこんなにも英語が身についているのでしょうか。それはマレーシアという特殊な環境に理由があると考えています。

マレーシアには主に3種族が済んでいます。それぞれマレー系、中国系、インド系の人たちです。そして、彼らは同種族間では、自分たちの言語であるマレー語、中国語、タミル語を話します

そうなると、異なる種族が話す時に共通の言語が必要になりますよね。そこで英語が広く使われているんです。

一応、マレー語が国語なので、みんなマレー語を勉強するのですが、英語の方が使われている印象です。実際、マレー系と他種族が話す時にはマレー語が使われる場面を見るのですが、中国系とインド系が話す時には英語です。

他に英語が使われている例を挙げると、レストランのメニューには必ずといっていいほど英語が書いてあります。また、レジの人が最初にマレー語や中国語で話しかけてくるのですが、ぼくが外国人と分かるとすぐさま英語に切り替えます。

基本的に3つの言語を操るので、日本人には無い感覚ですね。

大学生もペラペラ話す

大学の講義で講師から質問されることは毎回あるのですが、みんな結構スラスラ話します。英語のニュースや映画より少し遅いくらいですが、大半の日本人は早いと思うはずです。

英語の語学留学ならマレーシアがいい理由

国の英語力でいえば、アジアトップのシンガポール、もしくは2位のフィリピンを選びますよね。しかし、ぼくはマレーシアがいいと思っています。

安くて治安も悪くない

マレーシアの良いところは、安くて治安が悪くないことです。すでに東京と同じくらい発展しているシンガポールはとにかく物価が高く、日本と同じかそれ以上です。なので、語学留学するのにそれ相応の料金がかかります。

また、フィリピンはスリやボッタクリがありますし、銃の所持が許可されています。なので、自分の身に何か起こる可能性が高いです。これは海外であれば、どこでも考えるべきことではありますが、銃社会でないマレーシアなら見の危険に対する心理的負担が少ないです。

体験できることが多い

先程も説明した通り、マレーシアは他民族国家です。なので、それぞれの文化を体験するにはもってこいの国といえます。言葉だけではなく、食事や服装、宗教にイベントまで見渡してみると数えきれないほどありますね。

特に、ぼくが日本人に感じて欲しいのは、この国の言語に対する価値観です。マレーシアにはいろんな種族がいるからこそ、小さい頃からたくさんの言語を勉強して使えるようにならないといけないのです。

そう考えると大変なように思えますが、実際にマレーシア人を見ているとそうでもなくて、むしろ言葉に対する心理的な壁が低いように思えます。日本人だと英語を勉強するのでも抵抗が強いのに対し、マレーシア人だと勉強に対する抵抗が弱いです。だからみんなスラスラ話してます。

こればっかりは、文化に依存しているんじゃないかなと考えています。

要は、みんなが難しいと思えば難しいし、逆に簡単だと思えば簡単なんじゃないかと。

この感覚を日本人に直に触れてもらえたら、もっと英語の勉強が楽になるはずです。ぼく自身、言語習得のハードルが下がりましたから。

もしマレーシアに来ようか迷っている人がいたら、一度、直接来てみたらいいです。それから決めてみても遅くはないと思いますよ。

さいごに

マレーシアはアジアでも英語レベルが高い国です。安くて治安が良くて安心して留学できるので、一度考えてみてはいかがでしょうか。

◯InstagramとTwitterでも気ままにマレーシアな日常を発信しています。良かったらフォローお願いします。
▷Instagram: yumun216
▷Twitter: @yumun216

▽クリックでより多くのマレーシア留学したい高校生にブログが届きます。いつも応援ありがとうございます!