英語の電子書籍やPDFでの勉強は「Drawboard PDF」が便利

マレーシアで生活

最近、連日で留学生が使える便利ツールを紹介してきました。今回もマレーシアの留学で使っているツールをご紹介します。マレーシアの大学APUでは教科書が配布されず、電子書籍やPDFを使用しているため、高校の時のようにマーカーを引いたりメモしたりができません。

そもそも教科書を買おうとしてもかなりの値段になりますし、一冊一冊が大きくて重いです。そこでパソコンで使える電子書籍を使っているのですが、ではどうやってメモを取るのかという疑問が出てきます。そんな場面で使えるのが、「Drawboard PDF」です。

電子書籍やPDFを自分のノートにしよう

このアプリを使う一番の目的は「電子書籍やPDFを自分専用のノートにする」ということです。教科書にメモを取らなくてもいいという人はノートだけで十分なので、今回紹介するアプリは必要ないでしょう。メモやマーカーを引きたいという人はダウンロード必須です!あ、でもこのアプリが使えるはWindowsだけなので気を付けてください。Macユーザーの方は、別の方法を探してみてください。Macなら最初からメモアプリが入ってそうですね。

また、マーカーを引くのはいいのですがメモを取りたい場合は、タッチスクリーンになっているパソコンの方が断然使いやすいのでそちらを準備するのをおススメします。ぼくはSurface Pro4を使っていてタッチスクリーンにペンが付属されているので、メモが取りやすいです。

「Drawboard PDF」でよく使っている機能は、マーカーやペン、検索です。後は見開きページにして左右で2ページを一気に読めるようにしたりしています。メモを取るときは以下のように丸いエリア(何て呼ぶのか分からない(笑))から使いたいペンを選んで使っています。

知らない単語を調べてからメモを取ってもいいですし、重要な箇所にマーカーを引いてもいいですね。他にも便利な機能がたくさんあるので、使い方は自分次第です。「今すぐに使いたい!」という方は以下のリンクよりダウンロードしてみましょう!

https://www.drawboard.com/pdf/

PDFじゃないファイルはPDFに出力すればOK

また、講義で使うパワーポイントスライドにもメモを取りたい場合、パワーポイント上でメモを取ってもいいのですが、PDFに出力してから「Drawboard PDF」でメモを取る方法もおススメです

パワーポイントでペンを使うと図形やテキストが動いてしまうことがありイライラすることがあります。しかし、PDFにすると図形が動くことはありませんし、読込みが早くてスラスラ読めるので便利です。どうしてもファイルの数は増えてしまうので、こちらの方法はお好みでどうぞ!

ぜひ今回の方法を使って電子書籍やPDFを自分オリジナルのノートにして勉強を効率化してくださいね。

↓英単語の検索は一瞬で終わらせましょう。

おススメ記事:マレーシア大学留学方法!エージェントを使わないで自分で準備できる

SNSもフォローしてね!
Instagram
YouTube版「えんがわトーク」
Twitter

ブログランキングにも参加しています。