// アドセンス自動広告

マレーシアの宗教のタブーは何?留学生活で実際に注意してること4つ

マレーシアで生活

マレーシア生活で気をつけたい宗教のタブーにはどんなものがあるのでしょうか。

マレーシア留学や旅行を考えるときに知っておきたいのが宗教のタブーですよね。特にマレーシアはたくさんの宗教が存在しているため、覚えることも多そうです。

しかし、実際に生活する上ではそんなに気をつけることが多いわけではありません。今回は、マレーシアの宗教のタブーでぼくが生活の中で気をつけてることをご紹介します。

マレーシアの宗教のタブーは何?

マレーシアの宗教にはイスラム教、ヒンドゥー教、仏教、キリスト教などとたくさんの種類があります。これらのタブーはいくつかありますが、特に気をつけたいのがイスラム教です。

ぼくも最初にマレーシアに来たときはタブーに対してドキドキしていました。それでは気をつけたい内容ごとにご説明しますね。

食べ物には食べられないものがある

一番注意したいのが、食べ物です。

イスラム教

イスラム教ではハラル料理しか食べられません。また、豚肉やお酒も禁止です。ハラル料理というのは、簡単にいうと特別なお祈りが施された食べ物のことです。

イスラム教徒の友達に聞いたところ、鶏や牛などの血が通っている動物にはお祈りをする必要があるけど、魚や野菜などはお祈りが無くても食べられるとのことです。

マレーシアで売られている食べ物には、基本的に「ハラルマーク」が付いているので、それなら食べても問題ありません。

日本のお土産に食べ物を渡すときは、「豚の脂」や「アルコール」などが使われていないか確認してから渡せば問題ありませんが、不安ならやめておきましょう。

ヒンドゥー教と仏教

また、ヒンドゥー教と仏教では牛肉が食べられません。

以前、ぼくが料理をしていたときに牛肉を使ったのですが、ハウスメイトにあげようと思ったら仏教徒だったので、食べられないということがありました。

やっぱり日本人だと食べられないという感覚が薄いので、最初の内は慣れないかもしれませんが、少しずつ慣れてきますよ。

お祈りの時間は相手を尊重して

イスラム教では1日に5回ものお祈りの時間があります。早朝5時に加え、午後4時や7時など、結構頻繁にあって大変そうです。

そのため、イスラム教徒の人と一緒にいるとお祈りの時間だからということで、一旦お祈りをしに行くことがあります。そのときは気長に待ったり、先にお店に行ったりして過ごすといいですよ。だいたいお祈りは10分以内には終わります。

キリスト教や仏教でもお祈りがありますが、彼らは毎日ではなく週末に教会やお寺であります。なので、急にお祈りのために退席するということはありません。

恋愛には気をつけよう

イスラム教徒はイスラム教徒としか結婚できません。なので、必然的に恋愛もイスラム教徒間で、ということになります。

といっても、イスラム教徒の友達で日本人やタイ人の彼女がいる人もいるので、マレーシアでは恋愛に関してあまりキツく縛られていないんだと思います。

でも結婚となるとイスラム教に改宗する必要があるので注意したいですね。

左手は不浄なので右手を使おう

イスラム教で左手は不浄とされています。そのため、ご飯を食べるときは右手を使って食べますし、握手も右手、子供の頭を撫でるときも右手となっています。

ぼくは実際にイスラム教徒の子供の頭を撫でたことがないので分かりませんが、撫でたいときは念のため右手を使いましょう。

ちなみに、イスラム教徒はトイレの後、お尻をホースから出る水で洗っていますそのときに使うのが左手らしいです。

そして、石けんで手をしっかり洗っているのかは、定かではありません。なので、ぼくは彼らの左手には触りたくないです(笑)。

宗教がカジュアルになって来てる

上述したように宗教のタブーで気をつけたいことがいろいろありました。しかし実情では、イスラム教がだんだんカジュアルになって聞ているのも事実です。

さっきの恋愛もそうですが、ぶっちゃけるとお酒を飲む人もいれば、ヒジャブを被っていないムスリム女子もいます

最初、それを聞いたときは「え、それでいいの?」とビックリしました(笑)。もはや何が正しいのか分かりません。それでも、さすがに豚肉は食べていません。

このように人によってルールが変わっているため、柔軟に対処しましょう。じゃないと混乱してしまいます。

宗教を批判したりしない

タブーの話では無いのですが、宗教について批判することが無いように気をつけましょう

これは一番やっちゃいけないことだと思っています。なぜなら、宗教はその人それぞれが信じていることなので、それを批判されることは攻撃されてると感じるからです。

自分の考えを否定されたらムッとしますよね。そこから喧嘩になったり関係が最悪になる可能性もあるので、絶対にやめましょう。

人それぞれに自分たちの考えがあるので、決して押し付けることはせず、話を聞いて受け入れることが大切です。

さいごに

マレーシアの宗教のタブーには様々なものがあり、最初は戸惑うかもしれませんが、一つ一つ気をつけていきましょう。

もし間違えても相手が教えてくれるので、あまり身構えすぎないようにしてくださいね。

◯InstagramとTwitterでも気ままにマレーシアな日常を発信しています。良かったらフォローお願いします。
▷Instagram: yumun216
▷Twitter: @yumun216

▽クリックでより多くのマレーシア留学したい高校生にブログが届きます。いつも応援ありがとうございます!