英語の電子書籍やPDFを一瞬で翻訳/検索できる「QTranslate」が最高

マレーシアで英語

留学生なら大学の教科書で電子書籍を使っていたり、調べもので論文をPDF形式で読んだりすると思います。そんなときにネックになるのが、分からない単語が出てきたときにそれまで読んでいたペースがピタッと止まって辞書を引くことなんですよね。

日常のニュースくらいなら知っている単語も多いのでまだマシなのですが、大学の講義や論文レベルになると知らない英単語が続出してきたりして大変です。そこで今回はWindowsのオフライン環境でも英単語が一瞬で翻訳できる「QTranslate」をご紹介します。

オフラインでも英語のインプットを素早くしよう

以前、こちらの記事で「Mate Translate」をご紹介しました。

このツールはかなり便利なのですが、1つ弱点があります。それはブラウザ上でしか機能しないというところです。いえ正確にいうと、一応MacやiPhoneではダウンロードしてブラウザ以外でも使えるのですが、有料でのサービスになっています。

そこが学生にはハードルが高いんじゃないかと思います。わざわざ有料で使うくらいなら、ブラウザ開いて検索した方がいいんじゃないかと。「いや、でももっと楽に検索もしたいしなあ。無料のツール無いかなあ。」とちょっと欲張って探したところ…ありました!電子書籍やPDFを瞬時に翻訳してくれるツールが!

それが「QTranslate」です。こちらはWindowsで動作します。残念ながらMacで動作するソフトは分からないので「Mac 英語 ポップアップ辞書」などで調べてみてください。このソフトを使うと下の写真のように選択したところを瞬時に翻訳してくれます。

ポップアップウィンドウ左下のアイコンを見ると分かる通り、Google翻訳の結果が表示されています。なので、ある程度の精度で翻訳してくれますし、英単語検索ならかなりの正確さで結果を表示してくれます。

イチイチ読むのを中断して辞書を開かなくてもすぐさま翻訳してくれるので最高ですね。さっそく使いたい!という方は、以下からダウンロードできますよ。

http://quest-app.appspot.com/download

ダウンロードした後はインストールしてから使いましょう。今すぐ使いたくてウズウズしてくるはずです。(笑)教科書や本などのPDFや電子書籍を開いて、調べたい箇所をドラッグした後「Ctrl + Q」で検索してくれます。これで検索できた時の嬉しさったらないです!

ダウンロードやインストール、その他の機能などについては以下の記事を参考にさせていただきました。超詳しくまとめられているので、もっと知りたい方は読んでみてください。

これでパソコンを使って英文を読むとき、ブラウザなら「Mate Translate」、電子書籍やPDFなら「QTranslate」を使って英単語や英文を一瞬で検索・翻訳できる術を身に着けることができました!

後はとにかく英語を読むのみです。日本語と同じで英語も読めば読むほど理解できるようになります。もう「辞書を引くのが面倒くさい」という言い訳はできません!(笑)

なので、ここから一気に英語力を跳ね上げちゃいましょう!

おススメ記事:マレーシア大学留学方法!エージェントを使わないで自分で準備できる

SNSもフォローしてね!
Instagram
YouTube版「えんがわトーク」
Twitter

ブログランキングにも参加しています。