マレーシア留学準備手続きで注意したい時間感覚!怒ったら半人前

2018/11/11マレーシアの留学準備

マレーシア留学準備には必要な心構えがあります。

マレーシアへの留学準備をするのってたくさんの手続きがあるので、結構大変です。

ぼくは大学と直接やり取りして準備していたのですが、何度も予想外のことが起きて、本当に希望の時期に入学できるのか不安でした。結論から言えば大丈夫だったんですけどね。

今回はぼくの大学留学準備で起こったトラブルについてご紹介します。

なぜか送金ができなかった

大学留学のために入学料が必要だったんですが、最初なぜか送金ができなかったんです。

使っていたのは楽天銀行です。この銀行はネット銀行なので、パソコンで情報を入力して振り込もうとしていました。

しかし、ちゃんと相手の振込先を入力しているにも関わらず、全然送れませんでした。振り込んだとしても3日ほどでお金が返ってきたんです。

ぼくの入力内容が悪かったんだと思うんですが、何度も見直したにも関わらず、送金できませんでした。初心者のぼくには難しかったです。

なんと、担当者が産休で休み

そうした振込のやり取りを大学としていたのは2016年の年末。なので、お互い年末年始でお休みの中、あれよあれよと2017年になりました

年明けが1週間以上過ぎても大学から振込に関する連絡が来なかったので、こちらから連絡してみました。すると、メールを送ったら即座に自動メールが返信されてきました。

なんと、ぼくと連絡を取っていた人がいつの間にか産休に入っていたんです!

事前連絡はなんにもナシです…。もう、どうすりゃいいんだ、って感じでした(笑)。

幸い、他の人から連絡が来たのでひとまず良かった、と言いたいところなのですが、まだ振込は完了していませんでした。

ビザ承認にギリギリセーフ

振込が完了していなかったときは本気で焦りました。

振込が確認できないとビザ発行ができません。そこで、すぐさま別の送金サービスであるFSAを使って送金!そうして、やっと大学の口座に入学金が振り込まれました。

この手数料が楽天銀行より安かったので、最初からこのサービスを使っていたらヒヤヒヤすることはなかったと思います。

 

振込は無事にできたけど、入学時期を考えるとビザの発行手続きが間に合わない…

と思いましたが、これも何とかなりました。

実は、入学金を受け取っていなくても、大学側が事前にビザ申請手続きを進めてくれていたんです。このときだけは、グッジョブ!と心の底から思いました。

もし、入学金を受け取った後に手続きが初められていたら、入学時期が遅れるところです。

危ない危ない。

中国正月で休み

ちなみにお金は無事に振り込まれたんですが、その確認の最中、パタンと大学からの連絡が途絶えました。

メールを送っても連絡が返ってこなかったんです。ドキドキしながらメールを待っていると、2、3日後に「中国新年でお休みだったんだよ」と書かれたメールが来ました。

 

どんだけお休みあるんじゃい!?

マレーシアは毎月のように休日があると知ったのは、マレーシアに留学した1年目のことです。

今ではこのお休みの数から抜け出せなくなってしまいました(笑)。

さいごに

マレーシアは結構ユルユルです。

遅くても、こんなもんかという気持ちでマレーシア生活の第一歩を踏み出しましょう(笑)。

▽気ままにマレーシアを発信中!フォローしてみる↓
・Instagram: yumun216
・Twitter: @yumun216

▽応援したい人はポチッ!