マレーシア大学の学生ビザ発行・更新方法!期間や費用も合わせて紹介

マレーシアの留学準備

マレーシア留学が長期にわたる人は学生ビザの発行が必要になります。

学生ビザを発行しよう

マレーシアに大学留学する人のほとんどは90日以上マレーシアに滞在することになります。

なので、学生ビザの発行が必要で、シングルエントリービザを取得しているかと思います。

関連記事:マレーシアのシングルエントリービザ料金や必要書類、期限は?写真付きで解説!

シングルエントリービザを使ってマレーシアに入国した人は、学生ビザ発行の申請をしましょう。

学生ビザの発行申請方法と発行期間

やることは簡単で、大学のオフィスに行ってパスポートを提出するだけです。

すると、同時にパスポートをコピーした紙と学生ビザ発行に関する書類が渡されます。

発行までの期間は大体4週間を考えておけばいいです。早い時は2週間ほどで学生ビザ付きのパスポートが返却されます。

返却されたパスポートにはこんなのが貼り付けてあります。

発行申請中の注意事項

注意したいのが、パスポートを提出している間はマレーシア以外の国には行けません。マレーシアに監禁状態です(笑)。

マレーシアに来たばかりの人は、この間にマレーシア観光をしておくといいですよ。2年目からは観光し尽くしていくところがないと思うので、友達と遊んでおきましょう(笑)。

学生ビザの更新期間や費用は?

学生ビザの更新は1年ごとに行います。更新時期の3、4ヶ月前になると大学から更新通知が届くので、それに従って更新しましょう。

料金は、APUでは確かRM600でした。しかし、更新が遅れてビザ更新までの期間に余裕が無ければ、RM800になります。

結構痛い出費になるので、ビザ更新通知が来たらすぐに対応しましょう。

受取りはタイミングを見計らって

ちなみにAPUではパスポートが移民局から大学に返って来ても、なんの連絡もありませんでした。

ぼくのときは、他の日本人の方がパスポートが受け取れると教えてくれたのでよかったですが、そうでなければ自分で確認するしかないです。

日本だとこんなことは無いと思いますが、ここがマレーシアらしいといえばマレーシアらしいですね(笑)。

さいごに

学生ビザの発行はパスポートを提出すればOKです。

なるべく早めに行いましょう。

▽気ままにマレーシアを発信中!フォローしてみる↓
・Instagram: yumun216
・Twitter: @yumun216

▽応援したい人はポチッ!