// アドセンス自動広告

マレーシア大学の入試や入学資格は難しい?入学できない条件もある

マレーシアの留学準備

マレーシアの大学に入るには一定の条件があります。事前に確認しておきましょう。

マレーシアに大学入学したい!けど入試はどうなってるの?と気になりますよね。

日本とは違って大学に進学するには、いくつか条件があります。

そこで今回は、マレーシアの大学進学に必要な条件についてお伝えします。

大学進学に必要な条件はこれだけ

極端に言えば、マレーシアの大学に進学するために必要なものは、1つだけです。それは「高校を卒業していること(卒業資格があること)」です。

高校卒業証明書と成績証明書さえあれば大学へ行けます。なので、日本の大学のように気を張ることはありません。

しかし、高校の成績があまり良くない場合は大学進学が認められないことがあります。これは大学に成績証明書を提出してみないと分からないところですね。

ぼくの場合、大学に成績証明書を提出して、入学資格があるのかどうかの確認は一番最初にしてもらいました。もちろん無料なので、とりあえず提出してみましょう。

英語力を証明しよう

マレーシアの大学講義は英語で行われます。もちろん英語が使えなければなりません。

英語力証明に認められているのはIELTSTOEFLというテストです。

マレーシアはイギリス英語なので、どちらかというとIELTSの方がいいのですが、TOEFLでも問題ありません。ちなみに、ぼくはTOEFL iBTを受けていました。でもIELTSの方が良かったかもしれません。

というのも、IELTSが2時間40分ほどの筆記試験とスピーキングテストなのに対して、TOEFL iBTは4時間ほとんどぶっ続けでパソコンに向かい続けるテストなんです。体力と精神力の勝負でもあります。

マレーシアはイギリス英語ですし、紙の方が馴染みやすいと思うので、IELTS受験をオススメします。なお、ぼくがTOEFLを受けたのは、すでにTOEFL対策ばかり重点的に行なっていたからです(笑)。

英語力が無くてもいい

もし、すぐに留学したいけど英語力が足りないという人でも留学には問題ありません。

マレーシアには格安の語学学校がたくさんあり、長くて半年間英語を勉強してから大学に進学することができます。この期間は、本当に英語漬けです。

でもマレーシアに留学するならそれくらいは当然ですよね。踏ん張りどころではありますが、英語でコミュニケーションとれれば楽しいです。なので、楽しんで英語を習得してみてくださいね。

どこの語学学校に行けばいいのか、は大学に連絡すれば教えてくれるはずです。ぼくはAPUなので、APLCという大学付属の語学学校に1ヶ月間行きました。

TOEFLを頑張ったんですが、スコアが伸びきらなかったんです…。こういう時には環境に飛び込むのが1番ですので、スコアが足りなかったら潔く諦めましょう(笑)。

入学申請書を提出する

高校の成績もOK、英語力もOKなら、大学から入学申請書をPDFで送ってもらえるので、 記入して提出しましょう。

もし分からない点があったら、メールで大学の担当者に聞いてみれば大丈夫です。

ぼくは分からないところを箇条書きにして「これは〇〇ということ?」という風に聞いていました。相手が分かりやすいように工夫してみてくださいね。

さいごに

大学の入学は簡単です。

留学が決まったら、まずはサクッと連絡してみましょう。

◯InstagramとTwitterでも気ままにマレーシアな日常を発信しています。良かったらフォローお願いします。
▷Instagram: yumun216
▷Twitter: @yumun216

▽クリックでより多くのマレーシア留学したい高校生にブログが届きます。いつも応援ありがとうございます!