// アドセンス自動広告

アラブ系の外国人とシェアハウスする時に注意したいこと

2018/5/11マレーシア衝撃エピソード

アラブ系の人(男)とのシェアハウスはおもしろいけど、大変だという話。

※事実に基づいた個人的意見です。ここに書かれているような人じゃない人もたくさんいるはず。

マレーシアでシェアハウス、または他の国でアラブ系の人とシェアハウスする人は、ご参考まで。

アラブ系の汚い環境には覚悟を

最初からぶっちゃけてしまうと

キレイ好きなぼくからすれば、彼らは超汚い。

 

これまで累計6人くらいとシェアハウスしてきて、ぼくが脳震盪を起こしそうなほどにびっくりした事実を挙げてみる。

 

注意してもらいたいことは、

これらはシェアハウスをしているという前提での事実だということ。

 

彼らは、

台所を使った後は、生ゴミで散らかして水浸しにする。

生ゴミは小さな袋などに入れずにそのままゴミ箱へ捨てるし、ゴミ箱は溢れかえってても放置。

部屋の中でタバコを吸い、毎日深夜1時くらいまで友達と大音量の音楽をかけながら大声ではしゃぐ。

勝手に他人の買った食べ物を食べ、洗濯物は洗わず洗濯機に放置し、洗濯物を干したら2日くらい干しっぱなし。

 

挙げ句の果てには、

毎日トイレの便座には尿が飛散し、さらに、流しもしないという始末。

 

ぼくはキレイ好きなので(2度目)、

毎日、嫌な気分になりながら掃除していた。

 

とある事件と発覚した事実

そんな日々を送りながら、

今日、彼らが台所を使っているときに、パスタなどの食べ物を流しすぎてシンクを詰まらせ、水をプールのように溜まらせるという事件を起こした。

当然、シンクの下水口にはパスタが詰まっている。

 

これは、いい機会だと思って、詰まらせた本人に掃除するよう話した。

そもそも自分から掃除しようともしなかったことも驚いたけど。

 

すると、次にとった行動が本当に衝撃的で…

 

 

何をしたかというと、

 

近くにあったフォークを手にとって、それで下水口に溜まった生ゴミをすくい出し始めた。

 

………

 

いやいや、手を使えよ!!

 

 

…とツッコミたかったけど、その寸前にピンときたことがある。

これまでずっと頭の中で突っかかってたけど、答えが出なかったこと。

 

それは彼らが、どうして掃除をせずとも平気で、

まるでゴキブリを飼育するかのごとく汚い環境にしようとするのか。

 

それは、彼らの考え方が全く違ったからだ。

 

そう、彼らは、

汚いのが嫌いだから、掃除する

のではなく、

 

汚いのが嫌いだから、掃除しない

ということ。

 

たとえ自分たちが汚くしたとしても、汚いものには触りたくない。

これが、彼らの考え方だった。

 

ぼくにしてみれば、さながら子供だった。

 

宇宙人なみに意識レベルが違う

彼らがこうなってしまったのは、彼ら自身が悪いわけじゃない。

人間の性格は育った環境に影響される。

 

だから彼らがこうなってしまったのは、彼ら自身の意思ではなく、

彼らの国や家庭において“それでもいい”環境だったから。

 

今回の例でいうと、

台所は水浸しでいいし、生ゴミはゴミ箱にそのまま一緒に入れていいし、他人の食べ物を食べてもいいし、トイレを尿で汚してもいいという環境だったということ。

 

彼らの頭では、そのままで”いい”のだから、当然、変えようとは思わない。

むしろ、「なんで変えないと行けないの?」となり、変えようという必要性すら感じない。

 

キレイ好きのぼくとは、意識レベルがまるで違う。

 

これは、

ぼくの意識が高いとか低いとか、

彼らの意識が高いとか低いとかいってるんじゃなくて、

 

そもそも”常識”レベルで意識が別の次元、別の世界にある

ということ。

 

その証拠に、

彼らにゴミ箱の外に溢れかえったゴミを掃除をするように言っても、声を出して返事をすることなくうなずき、あからさまに不機嫌になる。

そして、掃除をしたかと思ったら、ゴミをゴミ箱の中に入れるのではなく、ホウキでゴミ箱の周りにゴミを寄せただけだった。

 

これには正直、唖然としてしまった。

ネタかと思った。

 

こういう事実を知って、どう思うかは人それぞれだけど、

シェアハウスをして他の人と住む以上、他の人のことに気をかけながら、マナーを守って共用スペースを使うのが当然だと思っているぼくとしては、

 

彼らを大人だと思っているから、

「なんで、これくらいもできないんだ」と怒りが湧いてきた。

 

でも、同時にかわいそうにも思う。

これまでの彼らの人生に、そうした他人に対するマナーを学ぶ機会が無かったんだから。

 

そして、掃除をするように言われるときに不機嫌になるような状態では、マナーを身につけられる日はそう近くはない。

 

もし、アラブ系の人とシェアハウスをする人がいれば、

上記に挙げたことが起こる可能性を考え、必要であれば、お互いにルールを決めて住むことをオススメします。

【マレーシア留学したい方へ】

ぼくは代理店を使わずにマレーシアへ大学留学しました。そして、これさえあればマレーシアの大学留学ができる一冊が完成しました↓

留学に必要な情報・ノウハウを全て詰め込んでいます。

しかし、それでも不安という方のために質問受付・サポートもします!なので、お気軽にご連絡くださいね→お問い合わせ

▽クリックでより多くのマレーシア留学したい高校生にブログが届きます。いつも応援ありがとうございます!